防風通聖散の正しいのみ方は?

 

漢方薬である「防風通聖散」ですが、どのような飲み方がNGで、どのような飲み方が効果があるのか調べてみました。

 

 

 

漢方薬は一般的に”食前・食間の空腹時に飲む”が効果的です。

 

防風通聖散も例外ではなく、食前・食間に飲む事で吸収率が上がるとのこと。

 

薬で胃が荒れるなどを気にする方は食後でも大丈夫なようですが、空腹時に飲むことがお勧めです。

 

じゃあ空腹時に飲むけど、やっぱり不安…という方は、飲んだ後軽く何か口にして胃への負担を軽減するのも一つの手ですね。

 

漢方薬は西洋薬よりもずっと胃への負担になる成分は少ないようですが、念のため。

 

 

 

では防風通聖散は何で飲めば良いのでしょうか。

 

 

 

一般的な漢方薬もやはり同じなのですが、ぬるめの白湯もしくは常温の水が一番です。

 

人肌程度のもので飲みましょう。

 

 

 

私は普段あまり気にせずに風邪薬などコーヒーやお茶などでサクッと飲んでしまいます。

 

効果なくなるか?とも思いますが、面倒だし結果効いてるから良し!という感じで。

お茶やコーヒーでのんでも大丈夫?

 

 

防風通聖散のベストな飲み方は白湯や水…という事は理解しましたが、コーヒーやお茶など他の飲み物では何か違いがあるのでしょうか?

 

 

 

防風通聖散には「麻黄」という生薬が含まれています。

 

「麻黄」には交感神経を刺激するエフェドリンという成分があり、そのエフェドリン+カフェインの相乗効果により重大な副作用に繋がる可能性があります。

 

血圧の急上昇や、脈が早くなり動悸が起きるなどの症状があります。

 

カフェイン中毒の可能性もあるため、カフェインの入っている飲み物はNGですね。

 

また中毒とまではいかなくても、効果が出過ぎて体調不良に…なんていう悲しい結果になってしまう事もあるようです。

 

 

 

 

他にも飲料はたくさんありますが、ジュース類やちょっと大丈夫そうに思える野菜ジュースなんかも吸収率を変えてしまう事に。

 

 

 

他に気を付ける飲み物はアルコール。

 

お酒では飲まないよ~と思っちゃいますけど、たくさん飲んだ後なんかもやはり避けた方が良いと思います。

 

 

 

飲むときのポイント

 

白湯や常温のお水が良い理由は、胃腸の機能を高める事ができ効果的に吸収することが出来る!ということ。

 

そして水分を多めに取ることで、胃の中で溶け残りが!何てことは防げて吸収もしっかり出来るということ。

 

ジュースやカフェインは吸収を妨げたり、副作用の原因になりうるということ。

 

 

 

飲む時間の目安や、飲むときの注意事項などしっかりチェックして効率よく効果を引き出しましょう。

 

せっかく飲んでも意味ないね~じゃ辛いですしね。

 

 

 

関連ページ

のむタイミング